スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫のタンゴ♪

 昭和を代表する大ヒット曲です。
たまたま、何回か耳にする機会がありまして。気まぐれにちょっと調べてみました。

日本語版の歌詞はコチラコチラ
そんで、原曲は「僕が欲しかったのは黒い猫」という題名で訳詞はコチラ

イタリア語がまったくわからないこともありますが、なんか変な歌詞。
この曲の主人公の男の子は、アリゲーターやらキリンやらアフリカ象を持っている。フィギュアじゃなくて本物らしい。それをみんな君にあげる。代わりに黒い猫をくれるはずだったのに、君のくれたのは白い猫。もう絶好だ! と怒っている。

イタリアってとこは、個人の家でアリゲーターやキリンやら、アフリカ象を飼っているのかい? 飼っていたとして、全部あげても欲しいほど黒猫は貴重なのかい?しかもその「君」は男の子で、そんな不釣り合いな交換は、男同士の約束らしい。どう解釈すればいいの?

リンク先の記事には、「貢ぐ男」「貢ぐ女」の話が書いてあるが、わたしにはよく理解できない。黒猫がなんらかのメタファーなんだろうけど、それって何?イタリア人って不可解。たったひとつの童謡で極端だな>自分。

日本の歌詞はリンク先を読んでいただけばわかるとおり、非常に判りやすい。黒猫は当然、女性を模している。猫ってのは、雄だろうと雌だろうと、常に女の役割。飼い主は男でも女でも必然的に男の役割を担うことになる。飼い主は、犬に関しては「いかに自分に忠実か」を自慢したがるが、猫に関しては「いかにワガママか」を自慢したがる。恋人のワガママを自慢げに語る大人は、バカに見えるが、猫のワガママを嬉しそうに語る大人はやけに可愛くうらやましい。あ、また猫の下僕になりたいらしい。

って、話の主題は猫ではない。この不可解なイタリアの少年の訴えるとこを、誰かわたしに教えてくれ。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

ハイスクール白書~優等生ギャルに気をつけろ~

ハイスクール白書~優等生ギャルに気をつけろ!~ [DVD]ハイスクール白書~優等生ギャルに気をつけろ!~ [DVD]
マシュー・ブロデリック, リース・ウィザースプーン, アレクサンダー・ペイン

CICビクター・ビデオ 2000-12-22
売り上げランキング : 36125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 リース・ウイザースプーンの日本未公開作品。しかし、ひどい邦題だこと。そのものズバリで「生徒会選挙」とか「生徒諸君!」とかにした方がよっぽどましだ。

 昨年の大統領選挙でも判ったころだけど、アメリカ人って選挙が大好き。たかがハイスクールの生徒会長選挙でも、結構本格的。生徒会長候補になるには、一定数の推薦人の署名を集めないとならないから、泡沫候補はあり得ない。生徒会長候補の3名。学園きっての優等生で激烈な上昇志向女のトレーシー(リース・ウイザースプーン)。学園の人気者のアメフトのヒーロー、ポール。その妹で変人のタミー。キャッチフレーズを考えたり、ポスター作ったりの選挙運動とそのポスターをはがしたりの選挙妨害。ネガティブキャンペーンはさすがに無かったけど、実際にはあるのかもしれない。
 アメリカの学園物らしく、構造は単純。候補者の「顔」がすべてを物語る。「あたしは偉くなるの」な末はヒラリーかのトレーシー。顔見ただけで「バカかも」と思わせるが、人は良さそうな末はブッシュ前大統領なポール。妹のタミーは、兄のポールの彼女のリサとはちょっとRな仲だった。ハーヴェイ・ミルクの女性版?(これは言い過ぎか)。顔と言えば、冒頭の授業シーンで、トレーシーの顔がストップモーションで大写しされる。それが、また、ぶっさいくな顔で、よくこんな顔撮らしたよなぁと感心するほど。リース・ウイザースプーンは、この映画の演技が評価されて、成功の階段をのぼったということだ。

 いきなりですが、ここで、この映画の主人公を紹介します。マシュー・ブロデリック扮する社会科教師マッカリスタ先生。影が薄いわけではないし、リース・ウイザースプーンに喰われているわけではなく、堂々主役であります。彼の役割は選挙管理顧問。教師としても優秀で、何度か表彰もされている。ただ、彼は候補のひとりであるトレーシーが嫌い。その原因は、トレーシーは以前に不倫していた教師と親友だった。親友は、不倫発覚で学園を追われ、妻子を残して失踪してしまったこと。その親友教師もかなり責任あると思うんですけどね。一般的には。
 生徒会選挙の真っ最中、マッカリスタ先生は、その親友の妻と火遊び。妻の目を盗み、郊外のモーテルでデートのはずが、うまくいかず、目の上を蜂にさされる羽目にかなりバッカじゃねぇのな主人公であります。

 で、ネタバレになるんで、追記


続きを読む

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

男と女ーTWO HEARTS TWO VOICESー

男と女-TWO HEARTS TWO VOICES-男と女-TWO HEARTS TWO VOICES-
稲垣潤一

UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M) 2008-11-19
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 カヴァー流行なのだそうだが、以前からカヴァーアルバムには執着を持っている。今回、久々全曲聴いてみようかなと思ったのは、全てデュエットであるということ。稲垣潤一自身には、実はさほど興味はないんだけど、ちょっと面白そうではないか。あまりよく知らない歌手も楽曲もあるのだけど、アルバムとしてのバランスもあるだろうから、すべてダウンロード

1. Hello, my friend(松任谷由実/1994年7月27日)/ 高橋 洋子
 高橋洋子って誰さ?むかぁし、そんな名前の女優がいたけど、違うようなぁ。まぁまぁって感じ

2. 悲しみがとまらない(杏里/1983年11月5日)/ 小柳ゆき
 杏里だったら、「オリビアを聞きながら」にして欲しかったかな。ただし、歌い手には、こっちの方があっていそう。

3. あなたに逢いたくて (松田聖子/1996年4月22日) / 松浦 亜弥
 松浦亜弥ちゃんって、結構いい声なんだなぁ。わたしの青春期に存在した歌手だったら、ファンになっていたかも。最初の3曲では、これが一番

4. Piece of my wish(今井美樹/1991年11月7日)/ 辛島 美登里
 男女の歌い手の声ともに、とってもマッチしています。それしかないけど。

5. セカンド・ラブ (中森明菜/1982年11月10日) / YU-KI from TRF
 明菜だったら他にもいい曲がと思うが、これも、稲垣潤一の声には一番かも。う~ん、「ジプシー・クイーン」などの、シャーマン気質溢れる曲は、むいていないか。1曲くらいミス・マッチがあってもいいのにな。

6. サイレント・イヴ(辛島美登里/1990年11月7日)/ 大貫 妙子
 この曲はあがた森魚を超えるカヴァーはないです。あの気がふれたようなアレンジがベスト。誰も気がふれたような味わいなど望んでないかもしれないが。それを別格とすれば、かなり○

7. あの日にかえりたい(荒井由実/1975年10月5日)/ 露崎 春女
 この歌手知りません。なぜ、ユーミンが2曲もあるの。どっちかを中島みゆきにしてくれ。バランスが悪い。

8. 人生の扉(竹内まりや/2007年5月23日)/ 白鳥 英美子 with 白鳥 マイカ
 わたしとセレクトのセンスがことごとく違うなぁ。竹内まりあなら、何故これにする。

9. 木綿のハンカチーフ(太田裕美/1975年12月21日) / 太田 裕美
 唯一、オリジナル歌手とのデュエット。この曲のヒロイン、面倒くさい女だなと思ってたけど、久々に聴いたら、すべて否定から入る天の邪鬼な感性に軽く感動した。感想が変わるのは。わたしが大人になったから? この曲は、余計なこと思い出すのが難点なんだが(笑)。

10. 秋の気配(オフコース/1977年8月5日) / 山本 潤子
 この歌手知らない。これだけは、セレクトのセンスがあいました。正直、元アーティストのよりいいと思います。

11. ドラマティック・レイン(稲垣潤一/1982年10月21日) / 中森 明菜
 原曲より格段にいいです。さすがは、歌姫。ちょっと明菜が遠慮気味な気がしないでもないけど、趣味が相当入っていますが、これがベストでした。

それでも、あがた森魚の「イミテーション・ゴールド」を超えるカヴァーアルバムはない。

テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

花のささやき

 曜の夜は、NHKの大河ドラマの前に大河アニメがあった。イメージでは、「アルプスの少女ハイジ」が第一作目なのだが、この作品は製作会社は違うため、公式では「フランダースの犬」からなんだそうだ。

 なんて、話はどうでもいい。にこにこ画像を見ていて、これを見つけてしまったの。世界名作劇場の中でも、「フランダースの犬」をおさえ、悲惨さナンバー1の「小公女セーラ」の演歌的な主題歌「花のささやき」(作詞:なかにし礼/作曲:森田公一)。これを初音ミクが歌ってくれている。原曲とはかなり感じ違うが、ポイントははずしていないので、楽しめる。
いや、結構感動してしまった。

マドモアゼル

 近観た映画の内容はかたっぱしから忘れていくのに、遠い昔に観た映画はよく覚えている。ある程度の年を重ねた(婉曲表現)人なら、納得していただけると思う。
 映画秘宝アメリカ映画特電で今回取り上げられていた、フランス映画「マドモアゼル」。初めて、ポッドキャスティングとやらを体験いたしました。PCでも聞けるんだけどね。評者の町山氏は、小学生の時にNHKで観たと言っていたけど、わたしが観たのは昼下がりのTV東京だったと思う。監督が英国人で、脚本にジャン・ジュネとマルグリッド・デュラスが協力していたなどと、「へぇ~」という周辺情報を知ることができました。

 さすがに、全体像を覚えているわけではないのですが、ところどころのシーンは覚えている。ジャンヌ・モローがイタリア男のたくましい身体をみて、生唾ごっくんするとことか。放火するシーンとか。フランスの田舎町でよそ者として孤立するイタリア男に、少々でも好意を持つ村人のひとりに、「そのクセ(女好き)で、酷い目にあうぞ」と忠告されてるのに、イタリア男は「こればっかりは、治らないんだよ」と言い訳。村人の忠告通り、マドモアゼル(ジャンヌ・モロー)で命を落とす羽目となってしまうのでした。
 ジャンヌ・モローとイタリア男が、森の中で獣のように抱き合った後、連れだって村へと帰ってくる。村人たちに見とがめられると、ジャンヌ・モローは、男からつぅーっと離れ、「彼に犯された」と告げる。びっくりするイタリア男。村に起きた、様々な災難(すべて、マドモアゼルの仕業)の犯人と思われてたこともあり、イタリア男は村人達にリンチされ、惨殺されてしまう。

 町山氏は、ラスト・シーンにも言及されておりまして。全てを知る少年(イタリア男のひとり息子)が、パリへ向かうマドモアゼルを見て唾を吐くとこを語っていました。わたしは、その後のマドモアゼルの歯牙にもかけないという表情が、強く印象に残りました。

 というわけで、何の救いもない映画。何も悪いことしてないどころか、人助けまでしているイタリア男は無惨に殺され。その息子は、天涯孤独。悪い悪~い女は、村人の賞賛をあびながら、パリへと旅立つ。子供の頃のトラウマ童話である「きつねのさいばん」で耐性のあるわたしではありましたが、この「悪は栄える」な映画(そのうえ、エロチック)は、かなりヘビーな内容でした。これって、町山氏やわたしのように、たまたま見たテレビ映画で見たって人が大半なのでは? そういう映画体験もまた良しかな(と強引にまとめる)。

それでもボクはやってない

070222

 近のハリウッド映画ってイマイチじゃね?アカデミー賞の発表ももうすぐだっていうのに、全然ワクワクしないし。水曜レディースディーに久々に映画見に行こうと思っても、惹かれる映画がない。気の進まない映画観るよりもいいかってことで、「それでもボクはやってない」を鑑賞。ネタバレしますので、観ていない人で知りたくない人は以下は読まないでください。

 話はシンプル。就職活動中のフリーターが満員電車の中で「この人痴漢です!」と女子中学生に私人逮捕される。そのまま駅の事務室に連れて行かれ、警察へ拘留。起訴、裁判と続き、判決まで。淡々としていると言えば、淡々としているけど、退屈だったわけではない。人が裁かれる姿はやはりドラマチックだ。今回は、俳優を中心にちょっとお話。

加瀬 亮
 主人公のフリーター。素人さんと考えればちょっとカッコイイかなくらいの容姿が、この映画にはピッタリだった。どこにでもいるような平凡な青年が、最後まで「ボクはやってない」を貫く。彼の成長物語という側面もあるのでしょうね。辛いラストでしたが。

本田博太郎
 怪優ぶりが加速しまくる彼は、拘留所に世話係。主人公に当番弁護士を教えてあげる。ついでに観客にもいろいろ説明する係でもある。最後に怪しく迫るのは、ご褒美なんでしょうか。

役所広司
 元裁判官の弁護士。若い弁護士に瀬戸朝香をリードして主任弁護士を務める。スーパーマン弁護士ではもちろんなく、主人公の救世主にはなり得なかった。このあたりがリアル

尾美としのり
 淡々と仕事をこなす検事役。殴りたいヤツナンバー3。彼も仕事なんですけどね。

正名僕蔵
 最初の裁判官。誰だよ、この人?(まさなぼくぞう)と読むのだそうです。ちょっとキモい系。「疑わしきは罰せず」を身上としているせいで、裁判制度から浮いてしまっていたようで。この人は、ちゃんと裁いてくれそうだったのに。無罪出し過ぎということで裁判途中で飛ばされてしまう。初めて見るような人を配したのは正解。途中で消えても強烈な印象を残した。

小日向文世
 殴りたいヤツナンバー1。ちゃんと真実を追究してくれよ。検事の主張ばっかり受け入れるな。最終弁論の時、居眠りしてんじゃねぇよ。この人に変わってから嫌な予感してたんだ(このへん、すっかり主人公の肩入れしているわたし)。ちなみに殴りたいヤツナンバー2は、取り調べした刑事

高野長英
 あら、久しぶり。昭和「白い巨塔」で柳原医師を熱演した彼。主人公を支援した、痴漢えん罪の先輩の有罪判決を聞いて、騒ぎ出す。以前に不当な判決を受けてた人(痴漢ではなく横領事件だったらしい)「白い巨塔」同様に裁判中に叫びだしたシーンを彷彿させる。周防監督の「白い巨塔」へのオマージュと思われます。

 悪役である2番目の裁判官、検事、取りしらべをした刑事(殴りたいヤツナンバー3)にしたって、職務を全うしただけなんだよね。毎日、毎日、痴漢の取り調べをして疲れ果てている刑事。常習犯で「まだ来ました」ってヤツもいるし、冒頭でたしかに痴漢をしているシーンがあった中年男とか。こんなのばっかり相手していると殺伐ともしてくる。憎たらしい裁判官にしたって、毎日毎日、犯罪者のしょうもない嘘ばっかきかされたら、感覚もマヒしてくるだろうし。余談ですが、知人が見た裁判で、被告のいきなりの発言に弁護士がびっくりして飛び上がってるのを見たことあるそうだ。ホントにほとんどの被告は、しょうもない嘘をつくものなのだとか。

 最後に目撃者が弁護側証人として出てきてくれるが、決定的な証拠とはならなかった。観客は、主人公の視点で見るから無罪と思ってみるが、裁判官から見ると「無罪の確信」が持てないかもとは思う。本当は「有罪の確信」が無ければ、無罪のはずなんだけど。しかし、考えてみるみると、主人公が痴漢をやっていなと確信させるシーンは敢えて描いていない。反対側にいたデブが実際はやっていたというシーンがあるわけでもない。観客にとっても心証無罪なのだ。ついでに言えば、裁判映画の名作「12人の怒れる男」だって、裁かれていた少年が本当に無罪だったのかは判らないのだ。(「12人の優しい日本人」もね)裁判とはそういうものなのだろう。

 主人公の「控訴します」のセリフを最後にエンドロール。爽快感のない映画はあまり好きではないのですが、テーマ的にこのラストしかないと思う。でも、監督。わたしも言います。

           控訴します

テーマ : それでもボクはやってない
ジャンル : 映画

スーパーマン・リターンズ

 っけから文句言って申し訳ないが、ちょっと長すぎじゃないの?

0916 懐かしの音楽が流れ、スーパーマンが5年の不在(作品内で)から帰還。ロイス・レインの危機、スーパーマンの派手なプレイでのカムバック。ヒーロー物はこうでなくっちゃという展開でした。飛行機内であっちゃこっちゃぶつかってもかすり傷ひとつないロイス・レイン。「おいおい」と突っ込みたくなりましたが、これが伏線になってるとは思いもしませんでした。
 その後は少々失速。悩めるヒーローばかりにうんざりしてたんで、明るく能天気な主人公は彼しかいない。他の主人公と違い、陰りのないあんただよ、スーパーマン!・・・のはずだったのに。やはり、時代のせいか、スーパーマンも悩めるヒーローとなってしまったいました。監督が「Xメン」シリーズのブライアン・シンガー。あまり、スカっとした作風ではないんだけどね。一時噂されたティム・バートン監督、ハゲ主演を回避できたのは喜んだのはぬか喜び。まぁ、そのコンビが実現するよりは、何百倍も良かったけどさ。
 主演俳優はよくぞ見つけて来たというぐらい、スーパーマンのイメージにピッタリ。ロイス・レインは格段に美人になったし、レックス・ルーサーもこの年代の俳優ならベストなんでは。あと、編集長役が微妙にクセありな感じで、「誰だっけなぁ」と思っていたら、ドラキュラなフランク・ランジェラでした。人間スーパーマンである、ロイス・レインの婚約者リチャードも知らない顔だけど、良かった。余談ですが、スーパーマンは必ず要に「リチャード」を配する。1970年代の「スーパーマン」では、監督が変わったにもかかわらず、リチャード。(リチャード・ドナー、リチャード・レスター)Ⅲの最重要キャラがリチャード・プライヤー、とリチャードづくし。
 宿敵ルーサーに、弱点のクリプトナイトを握られ、ボコボコにされたスーパーマンが、海に投げ捨てられた時(ここも長すぎ)、ルーサーが「so long」と言うのだけど、このお別れの言葉は「また会おう」という意味合いがあるのではなかったっけ? 何故、ルーサーはスーパーマンの息の根を止めようとしないのか? 甘い、甘いぞ、ルーサー。
 その後、すったもんだの後で、ストーカーっぽいスーパーマンが深夜にロイス・レイン宅に不法侵入。息子の寝顔を見つめるという変態っぽい感動的なシーンへとなだれ込む。前シリーズで、スーパーマンとロイス・レインはいつの間にかできていたのね。宇宙人とそういうことするのだから、人間の作る飛行機(たとえ、それが鉄の塊でも)の中であっちこっちぶつけても無傷なわけだ。妙に納得いたしました。それにしても、前シリーズのⅡでは、ロイス・レインはスーパーマン=クラーク・ケントであることを知ったんじゃなかったっけ?
 ま、細かいことはどうでもいいのが、おおざっぱなスーパーマンってとこですね。同じ顔で同じ体型で、同時に存在することなく、スーパーマン帰還とともに再登場したクラーク・ケントに何の疑いを持たないんだしね。そんな察しの悪いのばかりいるデイリー・プラネット社の将来に不安を感じます。
 いろいろ文句は言いましたが、おおむね成功とは思います。スーパーマンとロイス・レインの飛行シーンは、たいへんにロマンチックでしたし。

 最後に関係ないですが、一番のサプライズは007の新作の予告編。「カジノ・ロワイヤル」なのだそうですが、新ジェームス・ボンドってこの人なのね。すげぇ、悪役面。「ミュンヘン」に出てましたよね。「俺に殺しの番号は与えられないってことか」などと言っておりましたが、あんたに与えるとコワイよって顔してます。なんか、ヒーロー映画って迷走しているよなぁ。

テーマ : スーパーマン リターンズ
ジャンル : 映画

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。