スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAYURI

1222 っと奇天烈なものを期待していったが、意外にマトモな映画だった。相撲シーンも、真摯な姿勢で映像化している。舞の海ってのが笑ったけど。中国人女優が日本人を演じる違和感もあまりない。主演のチャン・ツィイーを始め、コン・リーもミシェル・ヨーも知ってはいるが、そんなに作品を見ていないこともあるせいか、日本人に見える。ミシェル・ヨーなんか、倍賞美津子に見えるし(笑)。
 それでも、冒頭のシーンは参った。売られて、汽車に乗るヒロインの千代と姉。汽車はともかく、駅が「ここはイギリスか」と思うような立派な駅。「オリエント急行殺人事件」が始まるのかと思った。いや、ちょっと参ったなぁと思っていたところに、桃井かおりの置屋のおかみさん登場。やっと、舞台は日本ねと納得出来て、ほっとしました。子供時代の千代(後のさゆり)は、目が綺麗な可愛い女の子でした。この子は日本人の子役が演じていました。
 セットとか衣装は合格。っていうより、さすがはお金あると違うなぁって感じです。千代が想いを寄せる会長さんは渡辺謙。正直、これは辛かった。千代から見ると、本当におっさんだし、誰かいなかったんですか。と言いながら、難しいかもね。いつかこの会長さんと同じ世界にいられるように願いながら、連なる鳥居を走る千代。「オルランド」を思い出した。オルランドは、迷路を走っていてうちに、男から女に変わったが、千代は子供から大人に変わります。チャン・ツィイー登場。
 看板芸者となって、千代あらためサユリが都踊りを舞うシーンが魅せる。あまり、日本文化に造詣が深いわけでもないので、芸者がこういう踊りをするのかどうかは、全然判らない。エキゾチックで良かったと思う。「芸者と舞妓ってどう違うんだっけ」と、このへんは、アメリカ人とあんま変わらない視点で見られます。いやぁ、異国情緒ってええなぁ。ゲイシャ・ガール、カモン! だ。
 結末は、ちょっとでした。伏線も何もなく、会長さんは、千代の子供時代を覚えていて、密かに思っていたりとか。豆葉(ミシェル・ヨー)に頼んで、千代を妹分として仕込ませていたとか。出会い当時から思っていたなら、芸者にするなどという遠回しなことをする意味がわからん。会長さんの人物描写がテキトーなせいで、いかにも唐突なハッピー・エンドでありました。

 約3時間は長く感じないし、ミシェル・ヨー、コン・リーの競演など、見る価値あります。日本勢側からは、桃井かおりが、やはり良かったですね。工藤夕貴もまあまあ。男優2名(渡辺謙、役所広司)は、あまり見るとこなかったかな。彼らの責任ではありませんが。
 おっと、忘れるとこでした。なんで、サユリの目は青いの?わたしの従兄は、純粋日本人ですが目は青いので、そういう人がいるのは知っていますが。最後まで不思議でした。何故?
スポンサーサイト

テーマ : SAYURI
ジャンル : 映画

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。