スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト・ゲーム

 こしばらく見ていなかったプロ野球。暇だし、新庄も引退だしと観戦開始。

 3勝1敗で王手をかけた日本ハム。しかし、札幌ドームの雰囲気は凄いね。リーグ戦ならともかく日本シリーズのような試合で、ここでアウエーチームが勝つのは大変だ。お互いに守備のいいチームということで(スポーツニュース情報)、引き締まったいい試合だした。
1026  追いつめられた中日が先制するも、スクイズで日本ハムが追いつく。ホームランで逆転。ダメ押しのホームランも飛び出て、札幌ドームで中日が逆転する可能性は、ほぼゼロ。新庄ラストゲームへのカウント・ダウン・モードとなった。異常なまでの新庄持ち上げな取り上げはキモいが、こんな最高の引退試合となったのも、本人の人徳というもの。最後の守備、その後のセレモニーでも泣き通しの新庄君でありました。
 
 スポーツ界で今季を限りに引退したビッグ・ネームは案外多い。この人とか。1026-1 








0904
この人とか。






0116 



         このお方とか。


 







 それぞれ鮮烈なラスト・ゲームを魅せてくれました。見ている方が困ってしまうラスト・ゲームもあったけどね。しかし、優勝でラストを飾ったのは新庄だけ(他のマイナーすぎる競技は別としてね)。
 世界的に見ると、他3名とは比べることも出来ない引退ではありますが、それぞれの競技に対する貢献は遜色なし。お疲れ様>新庄。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

マドリードーブラジルーマドリード

 きなスポーツ・イベントが日曜日に重なってしまい、月曜のお仕事はほとんど夢の中~。

 というわけで、まずはATPシリーズ・マドリードの決勝から。
1024-1 GAORAでは準決勝からの放送。SFの相手はあのナルバンディアン。調子はあがってないし、苦手な相手ということでタフな試合を想像していましたが、意外な圧勝。ナルはここのところのタフな試合で疲れていたみたいね。ヘンマン、サフィンとマッチ・ポイントを握られての逆転勝利。きっちりギアを上げてきた王様との第1セットで精も根も尽き果てたみたい。第2セットはベーグルでした。blog担当だったのに、かなりさぼっていたナル。前週担当のサフィンもクレムリンカップでファイナル進出したんだし、真面目にやっていたらファイナル行けたかもね。
 ファイナルの相手は、チリのゴンザレス。ラウールと姓が同じなのだ。ゴンザレスってラテン系では鈴木さんみたいなもんなのかね。ロジャーは第1セットの途中で右足をひねるアクシデント発生。昨年怪我したとこと同じなので衝撃が走りました。右足首にテーピングするロジャー。ここが勝負の綾でした。ロジャーを走らせる戦法に切り替えるゴンちゃん。試合を早く終わらせようとするロジャー。後者がしくじるのが一般的展開ですが、今回はゴンちゃんがハズレをひいてしまいました。左右にふるショットがことごとくはずれてしまう。ロジャーはこの機をのがさず、第3セットはベーグルで試合を決めた。
 優勝セレモニーでのシャンペン・シャワー。ゴンちゃんとかけ合うロジャー。テニスでのシャンペン開けはあまり見たことないから、へぇ~って感じです。やはり、ビールかけより豪華だよなぁ。ビールだと臭そうだし。

 次のスポーツイベントはF1のブラジルGP。アイルトン・セナの故国ブラジルで行われる最終戦。今年は、年間チャンピオンがこのGPで決定します。
 最近はあまりF1見てなかったんだけど、ここのとこの盛り上がりは見るしかないだろうと思いまして、CMばっかりやってるフジ地上波で観戦。トップのアロンソと2位のミハエル・シューマッハ。シューマッハがアロンソを抜くには、優勝かつアロンソのポイントなしという結果しかない。シューマッハ(っていうか、フェラーリ)が、マッサをたきつけてアロンソにぶつけさせて、リタイアさせるんじゃないかと噂が流れていて、ダークな期待満々な人(わたしだけか)をあざわらうかのごとく、シューマッハに試練続出。予選のトラブルで10番スタートとなるし、地元ということで、自分の使命(勝手に決めてるんだけど)を忘れてトップを突っ走るマッサ。そのうえ、タイヤがバーストして一時は最下位まで落ちるシューマッハ。「皇帝」と呼ばれた男は、それでも最後のF1をがっかりさせる内容にはしなかった。記録破りな走行で、どんどん抜き去るシューマッハ。抜くたびに、フェラーリの赤い軍団がガッツポーズをするのが可笑しかった。結果はマッサが優勝、ワールドチャンプはアロンソのものとなりましたが、主役はミハエル・シューマッハでありました。
 舞台はスペインはマドリードに戻り、ここはベルナベウ。スペインの英雄であるフェルナンド・アロンソがワールドチャンプを決めた直後にキックオフ。クラシコの開始です。昨年は、バルサの3-0。ロナウジーニョにベルナベウの観客が拍手をおくるという屈辱的な内容。この時に怪我したラウールの気合いが違ってましたね。開始4分で右SBに回されたセルヒオ・ラモスのクロスをヘディングでゴール。
 1024-2 今季最悪の試合をヘタフェ戦で見せ、「今年もダメだな~」と思わせた後に、CLで圧勝(ラウールのゴール)、ベルナベウのクラシコで勝てば少しは期待できるかなってところで、またまたラウールのゴールです。1年間、リベンジを誓っていたと思うラウールの1撃が試合の趨勢を決めてくれました。昨年はさんざんやられたセルヒオ・ラモスがロナウジーニョを完封。たまらず、ロナウジーニョは真ん中へと移動。右のメッシは思った通りの活躍。メッシ以外は、カンナバーロはよく止めていたと思う。そして、エルゲラ。前監督のロペス・カロに干されて以来、移籍先を探すような状況でしたが、右SBの相次ぐ怪我で、セルヒオ・ラモスが右に移り、エルゲラがCBに復帰。前にボールが行くようになったし、カンナバーロにとっても、いい相棒なんではないかなあ。
 後半にはファンニステルローイがゴール。パスが繋がっての良いゴールでした。しかも、あのバルサを完封。エトーがいないとはいえ、なかなかの結果なんではないでしょうか。ナダルとフェデラーは観戦に訪れていたらしいけど、貴賓席映った時にもお姿は見えませんでした。去年のバレンシア戦では、貴賓席にナダルいたんだけどね。クラシコだと貴賓席も混み混み状態で、チラリと映っただけでは判らない。逆に、ATPの決勝では、試合見に来てるフェルナンド・トーレスが映されていたんだけどね。GAORAの人は、サッカーには詳しくないらしく何も言ってなかった。サインねだられていたから、誰かなんだろうとは思ったんだろうけど。逆に、WOWOWのアナはフェデラーやナダル、特に伯父さんがミゲル・アンヘル・ナダルであるナダルの方はすぐに判ると思うけどね。

 試合後は、嬉しそうなマドリーの面々、ま、この後にコロっと負けそうなのが、あまりにマドリーなんではありますが。とりあえずは、勝って良かった。その後の睡眠とぼんやり頭でお仕事した話には触れないでおこう。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

ATPマドリード

 週はATPマドリード。フェデラー、ナダル、ロディック、ナルバンディアン、ルビチッチ、サフィンと羨ましい限りの豪華メンバー。いつかAIGもこれの半分くらいのメンバーがそろって欲しい(見果てぬ夢)。

1017 というわけで、王様はサンチェゴ・ベルナベウを訪れました。髭ぼうぼうで山賊のようなラウールと2ショット。ジダンの大ファンだったロジャー。1年遅かったね。去年はこのころ怪我してたんだっけ。ジダンは下部カテゴリーを教えるとかいう話だったけど、どうしてるんだろ。1017-1 こちらはロナウドと握手。ロナウドの後にいるのはグティかな。王様の訪問を受けたんだし、少しは王者のメンタリティを学んで欲しいもんだ(ブツブツ)。今日はCLのステアウアブカレスク(でいいんだっけ?)戦。それから週末はもしかしてクラシコ? 盛り上がらないことこのうえないなぁ。
 王様は2回戦からで、対戦相手がマスー。勝ち上がったら、フェレーロ(希望)、QFはアンチッチ(予想)と行き、うまく決勝まで行ったら、ナダルかも。上海前に稽古つけてください>ラファ。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

AIGウイーク

 本で一番大きいテニスの大会でありながら、スポーツニュースではほぼ無視されているAIGオープン。それでも、今年は連日大盛況。王様を招聘したかいがありましたね。

 王様の初戦(2回戦)は、トロイッキ(偽レイトン)生観戦
 3回戦  ディフェンディング・チャンピオンのムーディー(TV)
 QF   鈴木貴男  生観戦
 SF   B・ベッカー(アガシ最後の対戦相手)
 決勝   T・ヘンマン 生観戦

 QFの貴男戦は、フルセットの激戦。第1セットを取られたのはご愛敬と思ったけど、第2セットは第12ゲームでやっとブレーク。第3セットはタイブレークというひやひやな試合。サービス過剰です>ロジャー。王様は、「フェデラー、1000番以下の選手に敗れる」という記事が頭をよぎったそうですが、わたしも「今年、王者を破った3人目の選手」と鈴木貴男の名が世界に配信される様子が頭をよぎりました。
 タイブレに持ち込まれたら、鈴木に勝ち目ないのは確か。何としてもブレーク奪うべきでしたね。鈴木戦はすみこさん(仮名)の指定席を譲ってもらい観戦。かなりいい席でした。マッチ・ポイントのサービスゲームでミスったロジャーが笑っている顔を肉眼でばっちり見られました。当然ながら、観客は鈴木の応援。わたしも、ちょこっと鈴木を応援したくなってしまいました。いかん、いかん。
 この日は消化されなかったアンチッチvsシューター、QFのロブレドvsリー、B・ベッカーvsニエミネンを途中まで見て帰宅。最後のヘンマンvsアンチッチはちょうど終電前に終わったそうな。凄い気遣い(笑)。

 1009 そして決勝。台風が去って快晴。快晴過ぎて屋根のない席は、太陽が恐ろしい。今大会絶好調のヘンマン。以前はヘンマンを大の苦手にしていたけど、今は連勝中。ヘンマンの試合は早すぎたり、遅すぎたり、行けない日だったりで初めて生で観るのですが、いかにもベテランなショットを打ってきます。ただし、サーブが悪かくて、DFを何回かしでかしてしまう。ラインジャッジのミスが2回ほどあり、ペース狂わされたこともあり、ロジャーの快勝。しかし、あのラインジャッジはお粗末すぎ。ホークアイ導入を検討した方がよろしいのでは?
 1日に2試合など、ヘンマンにはたいへんご迷惑をおかけいたしました。決勝後の退場では、手ぶらで帰って行きましたが、荷物はちゃんと届いたでしょうか。

 運営の不手際が少々目立ちましたが、王様は大歓迎されて気分良かったみたい。「来年も来たいなぁ」と嬉しいことを言って、本日、日本を後にしました。blogによると、この後、バルセロナでNIKEのCMを撮って、マドリード大会に参加するそうです。マドリード大会は、ディフェンディング・チャンピオンのナダルも参加するだろうし、今季2勝目をあげたいな。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

AIGオープン 王様の初戦

 者フェデラー来日で、例年になく盛り上がるAIGオープン。ロジャーも初めての日本を非常に楽しんでいるらしく、ATP公式のプレイヤーズblogでブロガーデビューと相成りました。1日目は、練習にファンが群がり、ロックスター気分。それから、皇太子に会うなど、なんか国賓みたいな扱い(笑)。でも、急なスケジュールだったらしく、とっても待たされたそうな。王者を待たせるなんて、さすがはプリンス・ナルヒト。ちょこっとテニスの練習をした後、ダブルスを組んだんだそうな。羨ましいぞ>皇太子。
その後は皇太子一家とランチを楽しんだとか。お相撲さんが好きな愛子さんは、ロジャーの魅力は判ったかしら?
 翌日のblogでは、TOTOのウォシュレットに大感激。「日本のトイレは世界一だ」そうな。ま、たしかにそうだろうけど、ウォシュレットくらいなら、うちにだってあるぞ。まぁ、TOTOは宣伝のお礼くらいすべきかも(笑)。ホントに面白いblog
でした。

 さてさて、他人のblogの宣伝はここまで。本日、ロジャーの試合を見に、有明まで。センターコート行く前に第一コートのマレーvsノバク戦を見に行こうと向かっている途中で、見覚えのある外人女性。一瞬考えて、ミルカちゃんだと気づいた。実物は結構スラリとしてます。ちょっと得した気分。第一コートは、すごい人だかり。図体のデカイ外人が多くて、よく見えない。マレーが負けてることだけ判った。早々に見切りをつけて、センターコートへ。
 杉山vsライネ戦の途中。ほどなく、らんこちゃん(仮名)からメールが届く。らんこちゃん(仮名)は、マレーvsノバク戦が終わってから来るとのこと。ほどなく、杉山戦が終わり(杉山勝利)。らんこちゃん(仮名)と合流。MC修造が「ロブレドって、みんな知らないよね」などとバカなことを言っていた。知らないわけねぇだろうが!らんこちゃん(仮名)は、修造がスーツを着ていることに驚いていた。いつも半ズボンなんだそうな。らんこちゃん(仮名)は、修造が半ズボンに着替えるまで、修造スーツに拘っていた。妙なことに拘るのが、らんこちゃん(仮名)なんです。
 らんこちゃん(仮名)の友人、すみこさん(仮名)も合流してきて、ロブレドvsルー戦。最初は劣勢だったロブレドですが、徐々に巻き返し、危なげなく退けました。
 そして、ついに王様登場。盛り上がるスタジアム。平日からこんな一杯になることは、シャラポアの時さえなかったんだとか。さすがは王様。
 挑戦者は、トロイツキというセルビア・モンテネグロの選手。最初は2-0とリードするフェデラー。しかし、トロイツキはなかなかくせ者でした。第3ゲームでなんとブレイク・バック。その後はキープが続いて、タイブレーク。タイブレークに入ると、「今までの展開は何だったんだ」とばかりに、フェデラーがトロイツキを圧倒。7-2で第1セットを奪取。
 苦戦した後のセットは、いきなりたこ殴りになる王様ですが、今回はなかなかそうはいきません。トロイツキ粘る。しまこちゃん(仮名)はプレイ・スタイルがヒューイットに似てると言っていた。それ以来、憶えにくい名前の彼は「偽レイトン」に決定。偽レイトンは今の段階では、本家よりいいんでないかというパフォーマンス。仕草がオモシロイ選手で、ちょっと気に入ったかも(ポッ)。第2セットはまたまたタイブレーク。タイブレークに入ると、偽レイトンのサーブがよくなくなってしまう。タイブレークって特別なのね。第2セットもタイブレークで王様が制し、日本初戦を勝利でかざりました。

 鈴木貴男vsスリチャパン戦(貴男勝利)、アンチッチvsカールセン(アンチッチ勝利)を見終わった後は、10時近く。そのまま帰路につく。意外と混んでいなかったけど、金曜は凄そうだ。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

有明より

20061004191636


有明より

王様の試合、初観戦。写真撮る余裕なかったんで、画像は鈴木たかおとスリチャンバン。

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。