スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の決勝戦~全豪オープン決勝~

 子準決勝2戦、女子決勝連続であまりにワンサイド過ぎて、面白みに欠けてしまった。ここは、ニュー・ゴンザレスに頑張って欲しいところ。オーストラリアの方々も「ゴン、なんとかしろ!」と思っていたことでしょう。
 第1セットの王様はちょっとピリッとしません。4-4で迎えたフェデラーのサーブをなんとゴンザレスがブレーク。準決勝のロディック戦とは逆の展開。5-4で自分のサーブを迎えるのはかなり精神的に優位に立ちます。自分のサーブを1回キープするだけで、第1セットを奪えるから。最初の方でブレークして、そのまま維持するよりも精神的に楽だからね。ゴンザレスがセットポイントを掴みます。第1セットは与えちゃうかなと思った直後、フェデラーは慌てず騒がず、ストローク戦に持ち込む。ここが勝負所と見たんでしょう。(試合後に振り返ってもこのゲームがポイントでした)。デュースを繰り返して、ついにゴンザレスのサーブをブレークするロジャー。その後は、お互いにサービスキープして6-6でタイブレーク。第12セットでサーブをキープしたゴンちゃんの粘りも評価すべきでしょう。第2、第3は、フェデラーは慎重に1ブレークずつして、サーブは全部キープ。ついに、一回もセットダウンせずに、全豪優勝2連覇を飾りました。
 070129 試合終了後に思ったことは、やはり決勝は決勝ということ。準決勝前は、フェデラー、ロディック戦が「事実上の決勝戦」と言われてましたが、どうしてどうして、決勝まで登ってきた同士。しっかりと見応えのある試合を魅せてもらえました。考えてみれば当たり前。ゴンちゃんは、ブレーク、ナダル、ハースを下してきたファイナリストで、決勝にふさわしいプレイヤーでした。今回の全豪は、ボトムハーフの方がちときつかった印象あるしね。ダンディなコーチの指導に元、成長したゴンザレスはクレーで王様を苦しめることとなるでしょう。
 優勝カップの中には、オーストラリアの象徴であるカンガルーのぬいぐるみが。むくつけき男2名とカンガルーとは、なかなか素敵なコントラスト。全豪で王様が見せて新技「面にあてただけで、返す」をクレーシーズンも見せてくれるかな。わたしは、なにげにあのプレー、気に入っているんだけど。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

あるいは優雅なる冷酷~全豪オープンテニス~

 差があまりないオーストラリア。深夜や早朝に観戦して寝不足ってことにはならないかわりに、お仕事している時間に試合ということにもなる。ナイト・セッションは日本時間だと午後5時過ぎ。仕事終わって速攻で帰っても試合開始には間に合わない。もちろん、ビデオはセットするけど(正確にはDVD)、生観戦に勝る物無し。
 王様の準決勝の相手はロディック。上海での拮抗した試合。エキシビションとはいえ、クーヨンでは負けた相手。きっと凄い試合になるだろうから、後半から生観戦を期待して帰宅。テレビをつけると・・・、あれ? ダバディとアナと柳さんが談笑している。試合はどうなってるの? 追いかけ再生開始!
 第1セットは、ロディックのサーブ。ロジャーは、いきなりブレーク。ロディックは全米に続いて、試合の入り方を失敗したみたい。ロブレド戦では、イマイチだったフェデラーの方はリラックス状態。リラックスのしすぎか、エラー続きでブレークバックされてしまいます。しかし、まだ試合に入り切れていないロディックから第9ゲームで再度ブレーク。第10ゲームをサービス・キープして6-4で第1セットをフェデラーがゲット。
 白眉は第2セット。上海では、あんなに王者を苦しめたロディックが、サフィン、アンチッチを撃破してきたロディックが・・・。武器のはずのサーブをリターンされまくり。面白いように、ロジャーのウイナーが決まる。もちろん、ロジャーを応援しているわたしですが、そんな不用意にネット出ちゃダメだよ>アンディ と思ってしまう。いくら対戦成績で大きく水をあけられているとはいえ、こんなに差がつくなんて・・・。あれよあれよと思う間に第2セットはベーグル焼き上がり。6-0でロジャーが取ってしまいます。第2セット終盤では、イラだったロディックがボールを客席の打ち込み、ラケットを放り投げる。う~ん、ハートがブレイクされてしまいましたねぇ。ロジャーも凄かったけど、ロディックの自滅だよ、これじゃ。多くにファンが、過去のロディックは違う、王様を倒すかもと期待しただろうに(わたしは嫌だけど)。コナーズが彼を成長させたはずじゃなかったの?
070125 ロジャーの素晴らしいショットがたくさん見られて、ファンとしては非常に満足。ロブレド戦はイマイチだったしね(ジョコビッチ戦は○)。でも、第3セットの抜け殻のようなロディックを見ているのは辛かった。新生ロディックとして対戦、「差が縮まった」とも言っていたのに、ここまで完膚無きまでにたたきのめされては、ショックもかなりのもの。第3セットでは、2ゲームほどサービスキープできたけど、完敗。

 試合時間は1時間27分。王者の王者たる所以を見せつけた試合でありました。成長してきたロディック、上海で接戦を演じ、クーヨンでは敗北。こういうとき、ロジャーは徹底的に叩きにくる。今回もそうするだろうとは思っていたけど、ロディックも力つけてきたし、そうそう簡単にはいかないと思ったけど、たいへんに簡単でした(見た限りでは)。今回は王者の冷酷さをまざまざ見せつけられることとなりました。フェデラーの進むところ死者累々といった感じです。

 次の対戦相手は、フェルナンド・ゴンザレス。ラウール(ラウール・ゴンザレス)とモリエンテス(フェルナンド・モリエンテス)を合わせた名前。豪打一辺倒といったイメージから多彩なショットを操る選手へイメージ・チェンジしてきたゴンちゃん。ハース相手に圧勝してグランドスラム初の決勝進出。昨年はことごとく決勝でつぶした相手と、王様はどんな戦いを見せてくれるのか。判るのは明後日。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

2年前のファイナリストが~全豪オープンテニス~

 005年のファイナリストは王様を破ったサフィンと地元オーストラリアのレイトン・ヒューイット。結果は、サフィンの優勝。その後、サフィンは調子を落としたり怪我をしたりでランキングを落としてしまい、昨年はシードがつかなくなってしました。シードがつかなくても、MAXに入った時の実力は疑いのないところ。シード選手が早い段階でサフィンと当たってしまう事態に陥り、ロシアン・ルーレットと恐れられていました。
 今回の全豪ではシードがつきましたが、それでも1周目でこの対戦はもったいないような気もする、マラト・サフィンvsアンディ・ロディック。昨年後半から、あのコナーズをコーチにつけて、本来の位置に戻りつつあるロディック。昨年のデ杯でロシア優勝の原動力ともなったサフィン。会社から帰ってTVつけたら、サフィンが治療中で「えぇ~」と思ったけど、試合は無事続行。期待通りの好試合でした。天候による中断や、審判の問題がなかったらもっと良かったんだけど。チャレンジがことごとく成功っていうのは、ちょっとどうかと思う。結果は、76 26 64 76 でロディック勝利。TBに異常に弱かったロディックがサフィンに競り勝つ。これは凄いかも。順当に進めば、SFで王様と対戦します。個人的な好みから言うと、久々にサフィンvsフェデラーを見たかったのだが、仕方がない。もっとも、王様の明日の対戦相手はジョコビッチ。正直言うと、かなり恐れております。
 もうひとりの2年前のファイナリスト、レイトン・ヒューイット。対戦相手は、豪打一発のフェルナンド・ゴンザレス。ランキングから言えば、ゴンちゃんの方が上だけど、元世界王者で、まだまだ若いヒューイット。良い対戦になりそう・・・と思いきや、第1セットのヒューイットはどうしちゃったのというパフォーマンス。第2セットもあんまり変わらず、凡戦だなあと思ったところで、第3セットで息を吹き返すヒューイット。流れる曲は、アリスのチャンピオン。いや、別にヒューイットは年老いたチャンピオンじゃないし、ゴンちゃんの方が年上じゃないか、もしかして(笑)。
 070120
 第4セットでゴンちゃんがブレークしたところで放送終了。ライブスコアを見ると、そのままゴンちゃん勝利。ヒューイットが「帰れるんだ、これでただの男に♪」と歌ったかどうか判りませんが、ここで美女紹介。ヒューイットのマネージャーのコーエン氏の奥方だそうです。マッケンローに代わって、解説者を務めるジム・クーリエが「誰だかわからないけど、僕が興味あるな」と発言。結婚していることを聞かされても、「関係ないね」と言っていたので、コーエン氏が「失敬な!」と怒ったというエピソードを某サイトで読みました。現役時代の試合はあまり観てないけど、いかにもアメリカンなお人柄でした。
 この他、例によって、ナルバンディアンが2セットダウンからの逆転勝利。ツアーをサボり気味と言われるダビドくんですが、テニス自体は大好きなんですね。5セットマッチならば、しっかり全部やってくれます(笑)。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

消費は美徳だ

Wimbledon Classic Match: Federer Vs Sampras 2001Wimbledon Classic Match: Federer Vs Sampras 2001
Wimbledon Classic Match: Federer Vs. Sampras

2006-10-31
売り上げランキング : 7978

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 イ・バースディーということもあり、いろいろ買い物を。まずは、これ。2001年ウインブルドンの4回戦で、ロジャーが当時の王者サンプラスを破った試合。この頃はテニス見てなかったんで、この衝撃を目の当たりにすることできませんでしたが。DVDが発売。日本のデッキでも再生出来るとあったので購入。在庫切れとかで、手に入るまで少し時間かかりましたけど、ゲット! まだまだ初々しいロジャーの姿が見られます。こういうライバル欲しいなぁ。サフィンが調子あげてきてるようなので期待。容姿的に申し分ないライバルの復活に熱く期待。
 お次はアイメイクのコスメを少々。BAさんに付け方を教えてもらうためにデパートで定価購入。最初は仕方ないよね、未だに化粧ヘタなんだけど、少しテクニックを磨かないとね。すっぴんだと思われるのはさすがにカナシイ。な~んていいながら、とある友人のことを長年、化粧しない人だと思ってたんだけどさ。コスメは奥深い。
 それから、鍵の形のネックレスを1つ。鍵というアイテムは結構好きらしい。ちょっといい物を欲しかったのだが、えらく手頃になってしまった。

 そして、メインはこれ。なんと、意外なことにダイエットの一環なのだ(ダイエットがまだ続いていたことに自分で驚く)。どう関係あるのかというと、ウオーキングを日課にするため。ただ歩くだけって続かないんだよね。で、音楽を聴きながらの有酸素運動。まだ寒いので、少し暖かくなってからだけど(いつ始まることやら)。
 しかし、最初に入れた曲が「ハンナ・バーベラ日本語版主題歌集」ってのは、さすがにどうかと思う。最初にipodで聞いた曲が「ラリホ~ラリホ~、ラリルレロ」だよ。いいのか、これで。
 いちおう、「ウイ・アーザ・チャンピオン」はダウンロードしました。忘れがちだが、このblogのタイトルなんで。

テーマ : お買い物(通販含む)
ジャンル : ライフ

文学刑事サーズディ・ネクスト1 ジェイン・エアを探せ

文学刑事サーズデイ・ネクスト〈1〉ジェイン・エアを探せ!文学刑事サーズデイ・ネクスト〈1〉ジェイン・エアを探せ!
ジャスパー フォード Jasper Fforde 田村 源二

ソニーマガジンズ 2005-09
売り上げランキング : 120085

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

はじまりはディケンズだった。死体は、まぎれもなくディケンズの作中人物だった―。わたしはサーズデイ・ネクスト。“文学刑事”だ。元“時間警備隊”の父は、いまは時空のなかを逃げ回る身の上、最愛の兄はクリミア戦争で疑惑の死を遂げた。わたしはといえば、昔の恋をひきずったまま結婚もせず、地道な捜査ひとすじ。ふだんは殺しとは無縁の文学刑事のわたしが、いくつもの顔を持つ悪党ヘイディーズを追って、“現場”である本のなかへ向かうはめに…。意表をつくアイデア、トンデモナイ展開。本好き必読の“文学刑事シリーズ”第一弾。



 上記の紹介で、わかります?
かな~り、アクの強い小説でありました。話が横道にそれること十数回。読む方は集中力を保つのが大変だった。このへんの感覚は、「ブリジット・ジョーンズの日記」に近いかも。
 クリミア戦争がまだ続いているし、時間警察なるものがあるし。冒頭の一文は「わたしの父は時計を止められる顔の持ち主だった」だし。時間を止められる顔って、なんだよ;
 時代設定は、ちょっと前のイギリス。クリミア戦争といえば、ナイチンゲールしか思い浮かばない歴史知識なわたし。このクリミア戦争が話全体にどういう意味をなすのか最後まで判らなかった。話が進むと、吸血鬼や狼男退治の話も出てくるし。何回か途方にくれてしまった。
 半分以上過ぎたところで、やっと、本筋のジェーン・エアへ。主人公の伯父さん、マイクロフトが発明した「文の門」は小説の世界に入れるというとんでもない装置。この伯父さんの発明は「翻訳カーボン紙」とかなかなか魅力的です。ちょっと欲しいかも。
 24の悪役のような、とんでもない悪党ヘイディーズが「ジェーン・エア」の中から、主役のジェーンを誘拐。本人は「ジェーン・エア」の中に逃げ込んでしまい、サーズディも「ジェーン・エア」の中へ。
主人公のいない「ジェーン・エア」の世界は、途方に暮れています。サーズディがジェーンの恋人のロチェスター氏の協力の下、悪党ヘイディーズと対決へ・・・。最後は、かなりのご都合主義ですが、これはこれで悪くない。ちょっと可哀想な役割だった、ロチェスター夫人のバーサを活躍させるなんて、作者はなかなか気が利いています。な~んて判った風なこと言っていますが、わたし、「ジェーン・エア」の細かいところが覚えていません(おおまかなとこは覚えてますが)。子供の頃に子供向けで読んだきり。高校くらいに読んだうえ、「ガラスの仮面」や昼ドラ「愛の嵐」でフォローされた「嵐が丘」とは、覚えていることが違う。そもそも、「ジェーン・エア」と「レベッカ」が途中からごっちゃになるのだ。
 次回のサーズディの活躍がポオの「大鴉」。ますますよく判らない(はあ)。

 やたらと脇道にそれるのは困ったが、全体的には面白かった。あのドードー鳥をペットにしているところなど、ちょっと羨ましい。あったりまえだが、「不思議の国のアリス」でしか見たことのないドードー鳥。アリスの絵はいろいろあるけど、ドードー鳥に関しては、子供の頃に読んだ本の絵が良かったなぁ。誰の絵なのか、今となっては全然判らないが。って、全然違う話になってしまった。

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

イノシシ猛進

 そらく、イノシシが人を襲う事件なんて、年中起こっているのだろう。熊だと死ぬからニュースになるけど、イノシシが暴れたくらいでは、ニュースにならない。だけど、今年が亥年なんでニュースとなってしまう。
 それにしても、今日のイノシシ襲撃のニュースは凄かった(ニュース23にて)、PC操作しながらだったのに、目撃者の証言で目が釘付け。目撃証言してるのが、ブラザーなんだよ。ブラザーと言っても、ミシンではない。あぁ、つまらないですね、そうでした。日本語が上手な黒人青年(おじさんなのかな、少なくともおばさんではなかった)がラップのように、「キバ、ナガーイ」とかの証言後に、軽くジャンプして見せるなど、証言エンターティーメント。
 面白かったです。サンキュー>ブラザー

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

謹賀新年

 年あけましておめでとうございます。本日はな~んもしない1日を過ごしました。もちろん、お雑煮とお節料理は食べたけどね。掃除は放置プレイ。いいよね、正月だもん。24のシーズン1のマラソン放送を観ながら、気が向けば本の続きを読む。眠くなれば寝る。これこそ、人間のあるべく姿だすな。
 明日からは、さすがにそうはいかないので、元日に残り少ない時間を楽しみます。では、今年もずずずいーーとヨロシク。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。