スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもボクはやってない

070222

 近のハリウッド映画ってイマイチじゃね?アカデミー賞の発表ももうすぐだっていうのに、全然ワクワクしないし。水曜レディースディーに久々に映画見に行こうと思っても、惹かれる映画がない。気の進まない映画観るよりもいいかってことで、「それでもボクはやってない」を鑑賞。ネタバレしますので、観ていない人で知りたくない人は以下は読まないでください。

 話はシンプル。就職活動中のフリーターが満員電車の中で「この人痴漢です!」と女子中学生に私人逮捕される。そのまま駅の事務室に連れて行かれ、警察へ拘留。起訴、裁判と続き、判決まで。淡々としていると言えば、淡々としているけど、退屈だったわけではない。人が裁かれる姿はやはりドラマチックだ。今回は、俳優を中心にちょっとお話。

加瀬 亮
 主人公のフリーター。素人さんと考えればちょっとカッコイイかなくらいの容姿が、この映画にはピッタリだった。どこにでもいるような平凡な青年が、最後まで「ボクはやってない」を貫く。彼の成長物語という側面もあるのでしょうね。辛いラストでしたが。

本田博太郎
 怪優ぶりが加速しまくる彼は、拘留所に世話係。主人公に当番弁護士を教えてあげる。ついでに観客にもいろいろ説明する係でもある。最後に怪しく迫るのは、ご褒美なんでしょうか。

役所広司
 元裁判官の弁護士。若い弁護士に瀬戸朝香をリードして主任弁護士を務める。スーパーマン弁護士ではもちろんなく、主人公の救世主にはなり得なかった。このあたりがリアル

尾美としのり
 淡々と仕事をこなす検事役。殴りたいヤツナンバー3。彼も仕事なんですけどね。

正名僕蔵
 最初の裁判官。誰だよ、この人?(まさなぼくぞう)と読むのだそうです。ちょっとキモい系。「疑わしきは罰せず」を身上としているせいで、裁判制度から浮いてしまっていたようで。この人は、ちゃんと裁いてくれそうだったのに。無罪出し過ぎということで裁判途中で飛ばされてしまう。初めて見るような人を配したのは正解。途中で消えても強烈な印象を残した。

小日向文世
 殴りたいヤツナンバー1。ちゃんと真実を追究してくれよ。検事の主張ばっかり受け入れるな。最終弁論の時、居眠りしてんじゃねぇよ。この人に変わってから嫌な予感してたんだ(このへん、すっかり主人公の肩入れしているわたし)。ちなみに殴りたいヤツナンバー2は、取り調べした刑事

高野長英
 あら、久しぶり。昭和「白い巨塔」で柳原医師を熱演した彼。主人公を支援した、痴漢えん罪の先輩の有罪判決を聞いて、騒ぎ出す。以前に不当な判決を受けてた人(痴漢ではなく横領事件だったらしい)「白い巨塔」同様に裁判中に叫びだしたシーンを彷彿させる。周防監督の「白い巨塔」へのオマージュと思われます。

 悪役である2番目の裁判官、検事、取りしらべをした刑事(殴りたいヤツナンバー3)にしたって、職務を全うしただけなんだよね。毎日、毎日、痴漢の取り調べをして疲れ果てている刑事。常習犯で「まだ来ました」ってヤツもいるし、冒頭でたしかに痴漢をしているシーンがあった中年男とか。こんなのばっかり相手していると殺伐ともしてくる。憎たらしい裁判官にしたって、毎日毎日、犯罪者のしょうもない嘘ばっかきかされたら、感覚もマヒしてくるだろうし。余談ですが、知人が見た裁判で、被告のいきなりの発言に弁護士がびっくりして飛び上がってるのを見たことあるそうだ。ホントにほとんどの被告は、しょうもない嘘をつくものなのだとか。

 最後に目撃者が弁護側証人として出てきてくれるが、決定的な証拠とはならなかった。観客は、主人公の視点で見るから無罪と思ってみるが、裁判官から見ると「無罪の確信」が持てないかもとは思う。本当は「有罪の確信」が無ければ、無罪のはずなんだけど。しかし、考えてみるみると、主人公が痴漢をやっていなと確信させるシーンは敢えて描いていない。反対側にいたデブが実際はやっていたというシーンがあるわけでもない。観客にとっても心証無罪なのだ。ついでに言えば、裁判映画の名作「12人の怒れる男」だって、裁かれていた少年が本当に無罪だったのかは判らないのだ。(「12人の優しい日本人」もね)裁判とはそういうものなのだろう。

 主人公の「控訴します」のセリフを最後にエンドロール。爽快感のない映画はあまり好きではないのですが、テーマ的にこのラストしかないと思う。でも、監督。わたしも言います。

           控訴します
スポンサーサイト

テーマ : それでもボクはやってない
ジャンル : 映画

おやすみなさい、やすらかに。

0219
 日未明、まゆが永眠いたしました。18歳と数ヶ月。可愛らしくもふてぶてしい生き様に癒されてきましたが、見送ることとなった。
 それでも、在宅中で良かった。獣医さんは、「持っても一週間」と言ってましたが、3日間でしたね。内蔵はいろいろ悪くなっているけど、心臓だけは何の問題もないとの診断。最後は4~5回痙攣して、永遠の眠りにつきました。さほど苦しんでいなかったのが救いです。

 もう抱きしめる(迷惑がられ)こともできず、朝起こしてもらうこともなく(変な時間に起こすな)、湯たんぽにされることもなくなり、餌が欲しいとあごで使われることもない。
 18年と数ヶ月、癒してくれて本当にありがとう。やすらかにお眠りください。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ロナウドのいない朝~Rソシエダ×R・マドリー~

 の移籍マーケットも閉まり、あっと驚く移籍もありました。ちょっと驚いたのは、いつの間にかトマソンがビジャレアルにいたこと。
 ロナウドのミラン移籍は、ちょっとねぇ。よりによって、インテルのライバルチームに行くなんて。インテリスタな、わたしのカリスマ美容師が嘆いていました。せめて、ローマとかいかないすかね。トッティとロナウドってのもなかなか楽しかったと思いますが。
 と移籍話に紛れて、全然サッカーのこと書いていなかったことを軽くスルーして、今朝のR・マドリーの対戦相手はR・ソシエダ。ビジャレアル、レヴァンテと連敗を重ね、4位に後退。上位がぐずぐずしているせいでそんな離されてはいないけど、先週の試合では、名物の白いハンカチが。来シーズンからの移籍を発表以来、招集されていないベッカムは客席で立ったり座ったり。チームがあんな状況では、たまらんでしょう。
070211カペッロとの確執とかいう報道もありましたが、チーム作りをしている最中に、来シーズン移籍することが決まっている選手を起用する監督もいないでしょうから、カペッロの決定は間違っていないでしょう。問題は、チーム作りをしながらも勝つ必要もあるってこと。優勝なんていいませんが、CL圏内は死守しないとね。
 「また試合に出たい」とベッカムがコメントを発表。それを受ける形で、R・ソシエダ戦からベッカム復帰。カペッロの顔をたてる形をとり、カペッロも謝罪して招集。お互い大人です。お子ちゃまな誰かさんは、ミラノで何か言ってましたが。
 試合開始早々にカシージャスが弾いたボールをアランブルがゴール。アノエタで先制されたら、勝ちはないな。もしかして3連敗? それでも前2試合ほどぎくしゃくしてないのは、エメルソンがしっかりしてるからなのか。TVで見る限りではよく判らない。グティが後へのパスばかり。「アノエタで良かったね、ベルナベウだとわんわん、ブーイングされるよ」とため息ついていたところで、ベッカムのFKが謎の軌道を描いてゴール。いやぁ、しっかり復帰ゴールを決めてくれました。お友達なファンニステルローイがハグしに飛んできました。皆の祝福のハグの後にグティと抱き合ったところは、ちょっと感激。
 後半早々に、グティのパスからミゲル・トーレスにへなちょこなクロスを強引に入れるファンニステルローイ。こういうところが彼の魅力なのかもとちょっと見直しました。試合はそのまま、アウエーの戦いを重ねて、R・マドリーの勝利。決まらなかったゴールチャンスも、そこそこ魅せてくれるようになりましたので、今後は少し期待できるかな。出来ればラウールにもうちょっと活躍して欲しいのだけどね。

 ベッカムはしっかり仕事しました。ひと足先にアディオスしてしまったロナウド。インテルに悪いなとも思うけど、ミランでしっかり活躍してね。CLは出られないけど、リーグ戦で楽しみにしてるから。

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。