スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドリード・ダービー&イタリアの従兄弟

 表戦の後のアウエーでのマドリード・ダービー、R・マドリー×アトレティコ・マドリー戦。いつも代表戦の後は低パフォーマンスを披露するR・マドリーの面々。今回もあんま期待できないなと思いつつ、やはりダービーは楽しみ。最近、絶好調のフェルナンド・トーレス君。得点はスロバキア戦にとっておいてね。
 ところが、開始6分ほどで試合は壊れてしまいました。ジダンも交えてのゾクゾクするよなパス回しの後、PKエリアに突進するラウールの足をロペスが引っかけて、PKゲット!それはいいのですが、ロペスが一発退場となってしまいました。決定的チャンスでPKエリアで倒したのだから、ルール通りではありますが、イエローですまなかったんですかねぇ。残り84分、10人で戦うのはいくらなんでも・・・。
 それでも、ペトロフとフェルナンド・トーレス君の活躍で、楽しめる攻撃を見せてくれました。前半途中でサルガドが負傷退場。昨シーズンはサルガドが怪我すると(サスペンションの方が多いか)、とたんにダメダメになるところですが、今シーズン加入のディオゴがしっかり穴を埋めてくれます。これで安心して退場できるね>サルガド。
 後半、疲れてきたジダンに代わってグティ投入。今シーズンはいつ出てきても素晴らしい活躍を見せてくれるグティ、今日もとってもいいです。いつものむらっ気がいつ出るかは不安ですが。早速、ロナウドにパスを出し、ゴール!終了間際にロビーニョのパスからPKエリアに突入するロナウドがアトレッティDFと接触してこける。ボールはころころゴールへと。オウンゴールではありましたが、試合当初のPKも含め、ロナウドのハット・トリックみたいなもんです。ただ、接触後に非常に痛がるロナウドは担架で運ばれていきました。勝つには勝ったが、サルガドとロナウドが怪我とは、ダメージも大きいダービーでした。
1017
 ところ変わってイタリア。従兄弟と勝手に命名しているインテルとリボルノの対戦。代表戦後の為か、フィーゴは温存。だけど、ソラーリが出ています。ソラーリの側、インテルからいえば左サイドが相手側の弱点と見て、ソラーリが攻撃の起点となっています。も~う、胸のすくような活躍ぶり。いやぁ、嬉しいなぁ。しかも、カンビアッソがゴールするし(嬉)。いつの間にか、リボルノにいるココはイマイチでした(ココって前にバルサにいたんだよなぁ)。その上、PKエリアで後ろから倒し、PK献上&一発退場。なんか、マドリー・ダービーと一脈つながるような試合展開でした。
 後半途中からフィーゴ登場。得点がまだなんだそうで、周囲もフィーゴに得点させようという気持ちがあるよう。すでに、チーム内でも一目おかれる存在になっているみたい(嬉)。ゴールはなりませんでしたが、CLのポルト戦あたりでやってくれるのではないでしょうか?

 それはそうと、インテルのユニの胸にある漢字、これは何???

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。