スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米オープンテニス決勝

 ランドスラムの最後の大会は、8月から9月にかけて、ニューヨークで開催される。ボルグがついに獲得できなかったタイトルということで、わたしの頭に長くインプットされておりました。

 決勝は、女子はエナン×シャラポア。
 ベスト4で、アメリカ人選手が全員敗退してしまったのが話題となった。セレナが完全復活しないと、辛いかもね。結果は、シャラポアが2度目のグランドスラムのタイトル獲得。毎回、いいところまで行きながら、優勝がなかったから、嬉しいでしょうね。プレイぶりが少し変わってきたような気がする。むきだしの闘志から静かな闘志へ変化した感じかな。エナンは、準決勝あたりで調子落としてきた感じ。終盤にピークを持ってくるのは、彼女ほどの選手でもむずかしいのですね。

 そして、男子は フェデラー×ロディック。
ここ2年ほど、王様がカモにしていたロディック。つい最近まで絶不調だったのに、コナーズをコーチに迎えて復活。精神的にもタフになってきたような。ただし、ここまでの勝ち上がりで一回もトップ10とあたっていない。トップ10とあたって勝利してこそ、真価が判るでしょう。
09-11-2 第1セットは、ロディックが試合に入り損ねました。あっという間に5-0。まさか、ベーグル??? と思ったら、フェデラーのサーブをブレーク。続くサーブをキープして、結果は6-2。第2セットへの期待が盛り上がる。観客も激しく盛り上がる。そんな中、フェデラー陣営にお客様が。ゴルフのタイガー・ウッズ。ミルカちゃんの隣でたいへんリラックスしております。ゲストを呼んだせいか、今日のミルカちゃんは、お菓子食べたりしてなかったみたい、多分。
 第2セットは、ロディックがエンジン全開。サーブは全部キープ。ブレーク1個で、このセットをもぎ取りました。さて、面白くなってまいりました。
0911-3 第3セットは、この試合のヤマ場。第5ゲームで0-40と、フェデラー絶体絶命の大ピンチ。ここは、さすが王者。慌てず騒がずに挽回してキープ。次の第6ゲームも凄かった。何回もジュースを繰り返し、ギリギリのところで競い合う両者。ここは、ロディックがキープ。
 これは、TBで決着かなぁと思っていたとこで第12ゲーム。ロディックがほんの少し集中力を切らした瞬間を見逃さず、ブレーク。第3セットをゲット。
 第4セットのロディックは抜け殻になってしまいました。なんとかベーグルを免れましたが、3セットまでで精力使い果たしてしまったのね。今日の王様の勝利パフォーマンスは、コート上の倒れるといったものでした。敗者である、ロディックはネットを超えて来て、フェデラーと握手。グッド・ルーザーだったね>アンディ。

 ウインブルドン4連覇と全米3連覇の組合せは、史上初だそうです。自国選手贔屓がうるさすぎな観客の前で、昨年はアガシ、今年はブレーク、ロディックを倒すなどなど、とっても気持ちいい活躍。本人は、こんな下品なこと言いませんが、わたしが、亀田ばりに「どんなもんじゃい!」と言いたくて、星条旗をバックにした画像などを。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。