スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSマドリード大会 ファイナル

 年のマスターズの優勝者はすべて第一シードが優勝している。そして、その第一シードは、ロジャー・フェデラーかラファエル・ナダル。今年のマスターズは前回のシンシナティまで、そのふたりしか優勝者がいない。
1024-1
 今回のマドリード大会はフェデラーが欠場。第1シードのナダルのファイナルの対戦相手は、2週連続優勝(フランスとウイーン)のルビチッッチ。セミファイナルで見た限りでは、野球で言えば、三振かホームランというタイプのオモロイ奴。昨日は、ボールパーソンに八つ当たりして評判悪かった彼ですが(女性とワインと太陽があれば幸福というお土地柄のスペインですから)、今日は凄まじいばかりにファーストサーブががんがん決まります。第1セット、第2セットとナダルを圧倒。これはさすがのナダルもかなわないかなと思わせる出来。
 しかし、ここからすごみを見せるのが、ラファ。さすがはナンバー2。じっくりと巻き返しのチャンスを待っていたのでしょう。地元、スペインの応援の後押しを受け、第3セットからは、完全に逆の立場となり、第3、第4セットをもぎ取る。
1024-2
 第5セットはルビチッチも息を吹き返し、タイブレークももつれ込みます。ここまで来ると、王者(2番目だが)の勝負強さを見せつけ、7-3で勝利をもぎ取った。
 「地元でなければ勝てなかった」と観客の応援に感謝するナダル。全仏、全米と地元選手と対戦することの多かったナダルでしたが、今回はラッキーでしたね。対照的にルビチッチはその分、気の毒でした。しかし、その個性的なプレイヤーぶりは人気を呼んだのではないでしょうか。どちらかというと男性にだろうけど。
 最後のパリ大会は誰が勝ち取るか。王様は怪我しているし、ナダルも次くらいは休みそうだから、二人以外から出るかな。「たまには休め」と言いたい人もいるでしょう。ロディックあたりは、フェデラーを破って優勝したいと思っているだろうけど。(それで、フェデラーの出ない試合は早期敗退するのかねぇ)。
 優勝者、ナダルが試合後に行ったところは・・・。その話は次の記事で

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。