スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIGレポートその2

 観戦2日目(大会的には4日目)は、センターコートで観戦開始。ATPきってののっぽさんのイボ・カルロビッチ(208cm)対アジアNO1、イ・ヒュンタク。第1セットはタイブレークのすえ、カルロビッチがゲット。第2セットもタイブレーク。カルロビッチがマッチポイントを握るが、イ・ヒュンタクが逆転で第2セットを取る。カルロビッチがマッチポイントを握った時、修造がスタンバイしたのが笑えた。出待ちの修造は椅子に座ってぐったり気味。MCとして出る時にはテンションいっぱいなんで、疲れているんだろうね。
 第2セットまでタイブレークとは、拮抗したよい試合に思われそうですが、実は少々退屈な試合でもあった。ということで、他のコートに移動。第1コートでは、ベルタスコ対ヨハンソン。すみこさん(仮名)が席を取っていてくれたので、その席へ。らんこちゃん(仮名)は、入れ違いでセンターに行ったようだ。ヨハンソンは、AIG参加者の中で数少ないグランドスラム保持者(もうひとりは、ヒューイットね)。ベテラン対若い選手の好取組でした。この試合も第一セットはタイブレークで、ヨハンソンが取りました。らんこちゃん(仮名)とすみこさん(仮名)は、詳しいので、ベルダスコをよく知っていたけど、私にとっては馴染み薄い選手。ラテン系らしく、試合の趨勢がすぐに態度に表れる。どんな展開でも動じないナダルは、珍しいのかも。ま、世界NO2にして、キング・オブ・クレイが他の選手と違うのも当然と言えば当然。
 らんこちゃん(仮名)からのメールで、センターの試合終了(カルロビッチ勝利)を知り、ビーナスの試合を観に、センターに移動。しかし、センターの激しい日差しに観戦への集中力が散漫に。試合をしているわけではないのに、へたれでありました。ビーナスがモリクを下し、次のヒューイットvsナバロ戦を第3ゲームまで確認してから、我らがイケメン・プレーヤー、フェリシアーノ・ロペスとツルシノフ戦を観に、第1コートへ。071011 ロペスの対戦だけあって、第1コートは満杯状態。しかし、こんな近くでフェリの試合観られるなんて、ラッキーだわ。らんこちゃん(仮名)が、フェリはバックの安定感がやや欠くとのこと。バックもそうだけど、ベルダスコほどではないにしろ、ラテン系の浮き沈みがあるなぁ。やはり、ナダルの(以下同文)。先週のタイオープンの優勝でお疲れ気味のツルシノフの隙をつき、ロペスがベスト8進出。
 今日も目まぐるしく動きましたが、日が落ちてからはセンターに腰を落ち着け、フェレールvsスペーディア。ガスケvsシュトラー戦を観戦。スペーディアのことはよく知らないけど、すみこさん(仮名)が言うには、暴露本を出版。プレイヤーの間、特に同胞であるアメリカ人からは総スカンを食っているのだそうだ。第一セットは、実力に勝るフェレールに6-1とされたが、第2セットは盛り返してタイブレークに持ち込んだ。結局1セットも取れなかったけど、テニスに対する姿勢は案外、真摯な態度と言えるかも。
 ガスケとシュトラー戦は、6-2 6-2でスコア的にはガスケの一方的な展開。ただし、ガスケはやはり疲れているようで、足にきていた。2週続けてっていうのはやはり大変なんだなぁ。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。