スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫のタンゴ♪

 昭和を代表する大ヒット曲です。
たまたま、何回か耳にする機会がありまして。気まぐれにちょっと調べてみました。

日本語版の歌詞はコチラコチラ
そんで、原曲は「僕が欲しかったのは黒い猫」という題名で訳詞はコチラ

イタリア語がまったくわからないこともありますが、なんか変な歌詞。
この曲の主人公の男の子は、アリゲーターやらキリンやらアフリカ象を持っている。フィギュアじゃなくて本物らしい。それをみんな君にあげる。代わりに黒い猫をくれるはずだったのに、君のくれたのは白い猫。もう絶好だ! と怒っている。

イタリアってとこは、個人の家でアリゲーターやキリンやら、アフリカ象を飼っているのかい? 飼っていたとして、全部あげても欲しいほど黒猫は貴重なのかい?しかもその「君」は男の子で、そんな不釣り合いな交換は、男同士の約束らしい。どう解釈すればいいの?

リンク先の記事には、「貢ぐ男」「貢ぐ女」の話が書いてあるが、わたしにはよく理解できない。黒猫がなんらかのメタファーなんだろうけど、それって何?イタリア人って不可解。たったひとつの童謡で極端だな>自分。

日本の歌詞はリンク先を読んでいただけばわかるとおり、非常に判りやすい。黒猫は当然、女性を模している。猫ってのは、雄だろうと雌だろうと、常に女の役割。飼い主は男でも女でも必然的に男の役割を担うことになる。飼い主は、犬に関しては「いかに自分に忠実か」を自慢したがるが、猫に関しては「いかにワガママか」を自慢したがる。恋人のワガママを自慢げに語る大人は、バカに見えるが、猫のワガママを嬉しそうに語る大人はやけに可愛くうらやましい。あ、また猫の下僕になりたいらしい。

って、話の主題は猫ではない。この不可解なイタリアの少年の訴えるとこを、誰かわたしに教えてくれ。

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。