スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全豪テニス ベスト4

 Fでの、王様の対戦相手は、ダビデンコ。そんなに、凄い強いとは思わないのですが、最終的なランキングでは上位に来る相手。お互いに厳しい前回の対戦を経てのQFです。
 第1セットをとんとんと取った後に、第2セットでいきなり躓きます。ハース戦に続いて、ミスが目立ち始める王様。不調というより、さすがに、対戦相手から研究されたかな。ここ2年ばかり、強すぎだったし。正直言って、ヒューやらロディックがライバルだった頃より、わくわくします。
 第3セットは、ダビデンコに先にブレークされてしまいました。いよいよ、やばいよ、やばいよな王様。と思っていたら、すぐにブレーク・バック。両者譲らずで第3セットはタイブレークに。苦しみながらも、第3セットは、王様がゲット。第4セットも、タイブレーク。追いすがるダビデンコをくだしました。
 勝ったからいいますが、ダビデンコ、よく頑張ったねぇ(←勝つとすぐに、こうだよ)
 グロージャン×キーファーは、フルセットの熱戦をキーファーが下し、SFはフェデラー×キーファーとなりました。
 ボトム・ハーフのSFは、余裕の試合を見せたナルバンディアン。30過ぎの大ベテラン、サントロを寄せ付けずって感じ。昨年の上海といい、なんか一皮むけましたね。元々、安定感のある選手でしたが、もう1段上に登ったって感じです。
 そして、ノー・シードから上がってきたバグダティス。あのルビチッチをくだしてのSF進出。ほとんどの、テニス・ファンがよく知らない人です。

○全豪オープンテニス 男子 準決勝
ロジャー・フェデラー(スイス)×ニコラス・キーファー(ドイツ)
ダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)× 知らない人(キプロス)  
 こんな感じですね。

0125
 さてさて、女子の話題のQF・カードは、元女王、マルチナ・ヒンギスと現トップ・プレイヤーのひとり、キム・クライシュテルス。最初は、キムが、がんがんと攻めて、さすがにトップ・プレイヤーには、かなわないはねと思わせながら、第2セットで大攻勢するヒンギス。なんと、キムから第2セット取りました。
 第3セットに入ってからは、第1セットほどではないにしろ、キムが現時点での力の違いを見せつけましたね。クライシュテルスにSF進出。試合後に健闘をたたえ合うヒンギスとクライシュテルス。性格の良さそうな、キム相手だと、ヒールぶりを見せる機会もない、ヒンギスでした。

●全豪オープンテニス 女子準決勝
ジュスティーヌ・エナン・アルデンヌ(ベルギー) × マリア・シャラポア(ロシア)
アメリー・モレスモー(フランス) × キム・クライシュテルス(ベルギー)

 エナンがかなり調子いいので、エナンが行くと思うけど。どうなんだろ。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。