スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライトプラン

0208
 度一万メートルの密室。母親が少しまどろんでいる間に娘がいなくなった。必死に娘を捜す母親(ジョディ・フォスター)。しかし、乗客乗務員の誰ひとりとして、娘の姿を見た者がいなかった。ゾクゾクする設定でしょ。どんなオチなんだろとワクワクして見ていたら・・・アレ?

 それって無理ないですか?9.11以来、客に気を配るであろう乗務員が誰ひとり、娘がいたことを覚えていなかったのは、たまたまでした。娘が連れ去られるところを誰も見ていなかったのも、無関心からでした。そこまでは、100歩譲るにしても、犯人の計画は、誰も見ていないことを前提にしないと成り立たないわけでしょ。誰かがたまたま、娘の連れ去りを目撃していたら、計画はそこでジ・エンド。女の子をワゴンの下に入れるとこ見られたら、弁解のしようがないじゃない。
 犯人の計画もよく判らない。わたしが見逃したのかもしれませんが、ジョディ・フォスターが騒ぎ出さないと、計画が進行しないように思うのだけど。たとえ、ジョディが騒ぎ出さなくても、ハイ・ジャック計画は進んだのだろか。でも、どうやって?誰か判りましたか?
 ジョディ本人はとっても良いです。旅客機を熟知しているために、行動が凄い。いささかって言うか、かなり迷惑な奴なんですけど、乗客をパニックに陥らせるあたりは、笑いました。
 そして、ジョディと犯人の一騎打ち。犯人弱すぎ。ジョディ絶対有利な土俵で対決するなんて、バカすぎ。最後は、おマヌケにやられてしまいます。
 ラストが不思議だったなぁ。えらい迷惑を被った乗客達が尊敬のまなざしでジョディを見上げる。あらぬ疑いをかけられた、アラブ人もジョディに敬意を表す。先に、ジョディが謝罪すべきだろ。飛行機の中でなんらかのアクシデントが起きた時、アラブ人は不愉快な目に遭うんだろうなと、ふと思った。
 機長さんの態度は立派でした。人格者ってやつですね。疑っててすみません。乗務員全員グルだと思ってたよ、わたし

テーマ : フライトプラン
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉあ

Author:ふぉあ
無芸小食

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。